ITプロマネのブログ

IT業界、プロジェクトマネージャーのブログ

自給自足1 自給自足の生活

 ボランティア活動に疲れ切って、ちょっと変わったところにいった。

当時の僕は人と30分話すだけで目の下にクマができてしまう。
とにかく疲れる。
こんな状況では活動を続けられない。
ある人にそんな話をしていたら、
自給自足をしているいい場所があるから、
そこへ行って休んできなさいと言われた。

知る人ぞ知る有名な先生がいるところ。f:id:one_piece_of_leaf:20170313164347p:plain
ちょうど行ったのが新緑の季節、なんと緑の美しいことか。
まぶしいほどに、光り輝いている。
近くに泉がわき、その一帯に野の花々が咲き、
蝶が舞い、夜になるとたくさんの蛍が舞う。
蛍を見たのはおそらく初めて。
神秘的にさえ思える光景が続く。

広い敷地の中に、手作りの家が10軒ほど。
住居以外に図書館、米倉、納屋、井戸、どれも感動的なほどポンコツだが、
何ともいえない味わいがある。
他にあるものは田んぼ、畑、犬と猫、鶏、もぐら、キジなどなど。
人は僅かしかいない。

ここに来てしばらくして気づいたことの一つに、
自然の中には完全な直線と曲線がないということ。
これが都会との、あるいは人工建造物との一番の違いなのかもしれない。
どの家も曲がっていて、でもしっかり立っている。

みんなが集まって食事や歓談をする家以外には電気が来ていない。
各自の部屋は、ろうそくのあかりで過ごす。
梅雨の時期、野良仕事もできずに、あまりにも暇なので、
読書でもするかと思い、部屋のろうそくに明かりを付けた。
外界とは板一枚で仕切られているだけ、
風が強いとろうそくの明かりが消えてしまう。
ゆらゆらと揺れる薄明かりのもと本を読もうとするが、
しばらくすると目が痛くなって、とても読んでいられない。
本も読めないとなるともう、何もやることがない。
気が狂うほど時間が長い。
とうとう、考えついたのはろうそくの火を見続けること。
心が落ち着き、何ともいえない気分。
自然に火の中に吸い込まれ、体はリラックス、とても集中できる。
その数年後に知ったのだが、最も有効な集中力を養う方法の一つだという。

こんなへんぴな所で、ちょうど同世代の男性3名と女性1名に出会った。
日本の各地から集まってきている。
この土地での楽しい体験が始まる。