読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITプロマネのブログ

IT業界、プロジェクトマネージャーのブログ

自給自足2 カラス

トウモロコシ畑がある。

その日は一日中この畑を守る役割だった。
何から守るのか、
カラスからだ。

 

我々のトウモロコシは我々の姿そのものを写していた。
一言で言うと、みすぼらしい。
やせ細っていて、小さく、実があまり付いていない。
その上、黄色くなく、白っぽい。
どう見ても旨そうには思えない。
隣に農家が育てている東京出荷用のトウモロコシ畑がある。
まあ、一言で言うと、お見事。
とても大きく、身がいっぱい詰まっていて、
濃い黄色い色をしていて艶もある。
なぜ、みすぼらしい我々のトウモロコシ畑をカラスから守る必要があるのか、
理解できなかった。隣の畑こそ守らなければならないと直感した。
ところが、この直感は見事にはずれた。
カラスはみすぼらしい我々の畑にしか来ないのだ。
なんの敷居があるわけでもないのに、隣の畑には目もくれず。
一日カラスを追い払っているだけで、うんざりした。

アホなカラスの好む我々の畑のトウモロコシを食べさせてもらった。
めっちゃ、うまい。みずみずしく、抜群に甘く、それも自然な甘さ。
カラスはわかっていたのだ。
そういえば、未だかつてないほどうまいスイカもここで食べたものだ。
未だかつてないほどうまいトマトも。
僕は東京ではトマトを食べない。なぜならまずいからだ。f:id:one_piece_of_leaf:20170313164554p:plain
食べることはできるが、旨いと思ったことは一度もない。
ここでは赤くなりかけた頃の、つまり、
まだまだ青いトマトを一日5個は食べていた。
本当の野菜、果物を生まれて初めて知った。
都会の子供が野菜嫌いになるのは無理のないこと。
きれいだけど、まずいからだ。

ここで食べたおいしいもの。

トマトのジャム。
自らの畑ではたいした量がとれない。
農家のトマトを盗むと犯罪だ。
しかし、農家の敷地から出たものをとっても犯罪にはならないそうだ。
そうやって、まだまだ青いトマトをかき集める。
これに砂糖を加えジャムを作る。
これが本当にうまい。

藤の花の天ぷら。
藤の花、そう、ブドウの房のような形をした、小さな花が集まった、あれ。
あまり大きくならないうちに天ぷらにする。
大きくなると芯が硬くなる。
これは絶品だ。