ITプロマネのブログ

IT業界、プロジェクトマネージャーのブログ

自給自足3 スクワット

ある晩懐中電灯を持ってトイレに行った。

用を足す前に中を照らしてみた。
すると、水面がうねっている。
どういうことかと思い、友達を呼んだ。
ウジが湧いているという。
それじゃ、ウジ殺しでも入れるかといい、友達は薬を投入した。
明日の朝が大変なんだよな、といって友達は部屋に戻っていった。
その言葉の意味もわからないまま、床についた。
翌朝、いつも通り、大きいのをしに行った。
トイレの扉を開けた瞬間、ぞっとした。
一面ウジだらけ。足の踏み場もない。

f:id:one_piece_of_leaf:20170315150418p:plain


そのとき、友達の残した言葉の意味がわかった。
こちらの用足しも急を要するので、
外にあったほうきで足下のウジどもを払った。

しかし、本番はここからだ。
ここへ来てから、大きいのをするときには、
それなりのテクニックがいることがわかった。
そう、跳ね返り攻撃を食らうからだ。
大きいのが、おしりから離れたと思った瞬間、立ち上がる。
このスクワットにより、見事跳ね返りの攻撃を回避してきた。
でも、最初の頃は何発か食らってしまっていた。
今回は、絶対に失敗は許されない。
なぜなら、ただの跳ね返りではすまないのだ。
そのとおり、ウジ付き跳ね返り攻撃という、
世にも恐ろしい攻撃を何が何でも、回避する必要がある。
おしりに、ウジ、身の毛もよだつ。

スクワット3回にて見事、攻撃回避。
ほーっとした。