読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITプロマネのブログ

IT業界、プロジェクトマネージャーのブログ

自給自足5 刺繍

先生が講演で1週間ほど不在となった。

怖い先生がいなくなると、羽を伸ばしたくなるのが人情というものだ。
ポンコツの車があった。これで、清里に行こうと言うことになった。
ところがガソリンが入っていなかった。
もちろんお金もない。
みんなで考えた。そうだ、アルバイトをしよう。
村の人たちに相談したところ、
ようやく見つかったアルバイトはなんと刺繍の仕事。
毛糸で編んだセーターに刺繍を施す。
女の子はよいが、男どもは初体験。
縫い込んだり、ほぐしたり、さんざんで、
男4人女1人でふた晩徹夜してようやくガソリン代を稼いだ。
これ以上みすぼらしい姿はない5人は、清里へ向かった。

やはり、場違いだった。

我々若僧は酒が飲みたくて仕方がない。
しかしいつも通り金がない。
たまに差し入れがあっても、あっという間に飲み干してしまう。
飲んでばっかりいると先生にしかられる。
先生が講演でいなくなると天国が訪れる。
鬼の居ぬ間に、しかし、金がない。
あるやつが言い出した。
先生のベットの下にブランデーがごろごろしていると。
よし、戴こうということになった。
まかないの人が寝静まった後、決行。f:id:one_piece_of_leaf:20170313165023p:plain
なんと今晩はブランデーだ。
しかしまた、あっという間になくなってしまった。
どうにも収まらないので、お勝手に。
料理酒を見つけた。
しかしこれも、あっという間。
とうとう、養命酒まで飲み干した。