ITプロマネのブログ

IT業界、プロジェクトマネージャーのブログ

自給自足6 紫色の小さな花

こちらへ来ると1週間ぐらい、下痢をする。

水も食事も僕には合わないのだろう。f:id:one_piece_of_leaf:20170313165111p:plain

ある時、そろそろいっぱいなので肥え汲みをしようと言うことになった。
まあ、何ともいえないにおいだ。
アンモニアのような強いにおいが鼻を突く。
そういえば小学生の頃両親の実家にいくと必ずつきまとうにおいだった。
懐かしいけど、やはりくさい。
まあ、ともあれ今日の仕事だからやらないわけにもいかない。

一斗缶にくみ出しては、肥だめにかついで捨てにいく。
なれている人は棒の両側に一斗缶をぶら下げるそうだ。
重くて一つだけでも大変だが、問題は重さではない。
ふたのない一斗缶を、もちろん舗装道路ではない、
でこぼこの山道をかついで何往復もする。
木の根などにつまずこうものなら、一大事だ。
十分気をつけていたのだが、何往復もしているうちに、
一斗缶の重さに耐えられずに、手が下がってしまっていた。
そして、一斗缶が木の根にぶつかった。
一斗缶が揺れ、入っているものがピチャという音を立てて跳ね上がる。
まるでスローモーションビデオを見ているようだ。
その跳ね上がったものが何とか体に触れないように、
体と一斗缶のバランスを変える。
うまくよけたっと思ったのもつかの間、
左足の膝のあたりにビシャ。
うわっ、と立ち止まったのがまた悪かった。
揺れる一斗缶から次の跳ね上がりが、目にもとまらぬ早さで唇に。

あの臭いは1週間は消えない。

この土地へ来てとても美しい景色はいろいろあるが、
その中の一つが、実は肥だめである。
肥だめの周りを紫色の小さな花が埋め尽くす。
見とれてしまうほど美しい。
そして皆、足を踏み入れてしまう。

彼らもあの臭いと1週間お付き合いすることになる。
自然は恐るべし。

自給自足